【Zoho Connect】 無料プランの制限と今後

【Zoho Connect】 無料プランの制限と今後

(重要)新設の無料ネットワークがグローバル仕様になります。

2020年9月18日から新しく始めた無料プランは以下の【新】条件となります。
それ以前に開設した無料ネットワークはそのままの【旧】仕様で変更されません。

無料プラン 
【旧】
  • 人数無制限
  • 15グループ
  • 15チャンネル
  • 15マニュアル
  • 10ボード(タスク)
  • 予定
  • フォーラム
  • 5独自アプリ(会社レベル)
  • 15マニュアル

【新】
ユーザー数:25名 
3グループ 
3チャンネル 
3マニュアル 
3ボード(タスク) 
予定 
フォーラム
3独自アプリ 
10連携 

無料プランで長く使えますか?

1)本社変更の可能性がございます。

現状の無料プランでは長く使えますが、何年後先の話では、本社側(Zoho Corp)が仕様や制限を変更する可能性があります。その際には、既存のユーザーも影響を受けてしまう可能性があります。

有料プランですと、機能制限や仕様変更の際にも元のサービスを原則保障いたしますが、無料プランの場合はその限りではございませんので、予めご了承いただけると幸いです。

その際には、他サービスに移行する必要がある場合を考慮し、なるべく早めに告知いたします。

2)本社変更がなければ、長く使えます。

小〜中規模の組織では、無料プランで充分グループウェアとして、長くご利用いただけます。特に有料プランにアップグレードしなくても、ファイル、グループ、マニュアル、フォーラム、予定など、全ての機能の基本的な部分は、制限なく使用できます。さらに、詳細機能である、ウィジェット、他サービス連携、ビデオ通話なども使えます。

グループ数:15グループ以上になりそうでしたら、有料プランにアップしてください。
ストレージについて:基本的にフィードやマニュアルの文章にはストレージがかかりません。大容量なファイルをアップロードする必要がある時のみ、ストレージが必要になります。
独自アプリ:5アプリまで、レコードは1000件まで

ちょっとだけ不便な点:
非管理者のユーザーがネットワークレベルで予定を作成できない:グループに作成すれば解決します。
非管理者のユーザーがネットワークレベルでファイルにアクセスできない:グループにファイルを作成すれば解決します。

複数の外部ネットワークを作成して、グループ数上限を回避できますか?

有料版へのアップグレードは必要ない場合、特に問題ありません。
複数の無料ネットワークを使って情報共有することも可能です。
ネットワークの追加方法はこちらをご覧ください。

注意点としましては:
1:複数作成できるのは外部ネットワークのみ
2:ネットワークごとが情報共有の単位なので、ネットワーク間の情報共有は難しくなります。
なので、お互いに関連性が高いグループを同じネットワークに入れた方が便利です。
3:内部⇄外部のネットワークの変換はできません。
4:有料プランをアップグレードしたい場合、両方のデータは統合できません。グループ移行できません。

外部ネットワークは無限に無料で作成できますので、
ぜひ、ご活用ください。

有料プランにアップグレードする理由:

権限設定とカスタマイズが充実します:
・ネットワーク管理者を複数に設定できます。
・アプリの操作、編集、アクセスの権限を細かく設定できます。
・自社のドメインからZoho Connectにアクセスできます。
・独自のロゴ、ファビコン、CSSを追加して組織やブランドに合わせた外観を設定できます。
・Active Directoryのユーザーを、Zoho Connectの内部ネットワークにインポートできます。

ネットワークレベルの機能が豊富になります:
・ネットワーク全体で共有するファイルを共同編集できます。
・ネットワークでのユーザーの行動やパフォーマンスの分析が可能になります。
・ネットワークのフィードの投稿とコメントを修正できます。

機能の利用上限が拡大されます:
・作成できるグループとチャンネル数が無制限です。
・ファイルストレージの容量が大きくなります。
・独自アプリの作成数が無制限です。

無料プランの機能は、当面は変更予定はありません。(2019年1月9日現在)

無料プランの機能制限についてですが、 日本以外の地域では、
先々、ユーザー数やグループ数の制限が厳しくなります。

無料プラン 
【旧】
  • 人数無制限
  • 15グループ
  • 15チャンネル
  • 15マニュアル
  • 10ボード(タスク)
  • 予定
  • フォーラム
  • 5独自アプリ(会社レベル)
  • 15マニュアル

【新】
ユーザー数:25名 
3グループ 
3チャンネル 
3マニュアル 
3ボード(タスク) 
予定(制限数不明) 
フォーラム(制限数不明) 
3独自アプリ 
10連携 

英文ページには詳細が記載されておりますが、実際に日本では適用されません。
現在、日本側では仕様変更しないように開発側と交渉中しました。
日本では今ままで通りの旧無料プランでご利用いただけます。
    • Related Articles

    • 【Zoho Connect】Zoho Connect新機能:アンケート(Survey)

      Zoho Surveyとは? Zoho Surveyは、アンケート作成、公開、回答表示、レポート生成が可能なクラウドサービスです。 ドラッグ&ドロップで、アンケートのゼロから作成やテンプレート作成ができます。 この度は、Zoho Connect内からネットワークメンバー向けのアンケート作成が可能となりました。 アンケート作成の権限 すべてのメンバーが、所属するグループのアンケートを作成できます。ただし、ネットワーク管理者のみが、ネットワーク内のメンバーに対してアンケート作成できます。 Zoho ...
    • 【Zoho Connect】タスクのタグの検索

      【Zoho Connect】タスクのタグの検索 タスクのタグはタスクを開いて、タグクリックすると検索がされます。
    • 【Zoho Connect】メール通知の設定はどこから行えますか?

      Zoho Connectのメール通知の設定 ・ブラウザの一番右上の人物アイコンをクリックして、通知の設定をクリックします。 ・一般設定をクリックすると、ここでどのような情報更新に対してメール通知を受け取るのかを設定できます。 ※ダイジェスト通知を設定すると、メール通知が届かなくなります。 通知の設定 ​ ダイジェスト通知を設定すると、メール通知が届かなくなります。 ...
    • 【Zoho Connect】チャットとグループチャットの利用方法は?

      チャットの開始 チャットのメニューはブラウザ画面全体の一番左下に表示されています。ネットワーク内のメンバーとは、誰とでもすぐにチャットを開始できます。「連絡先」にその他のメンバーを個別に追加してチャットすることも可能です。連絡先の追加はZoho Cliqから追加できます。Zoho Connectのチャットは、Zoho CliqというZohoのチャットービスとの連携で機能しています。 準備:ネットワーク(組織)外の連絡先の追加 ...
    • 【Zoho Connect】外部カレンダーとの連携方法は?

      Zoho Connectのカレンダーは、 Zoho、Google、iCloud、Outlookのカレンダーと連携できます。 Google カレンダーとの連携 連携の開始: 管理者(ネットワーク)アカウントは画面右上の歯車マークから連携マークをクリックして連携したいアプリを選択します。 非管理者のユーザーは画面右上にそのまま連携のマークがあるのでクリックして連携したいアプリを選択します。 Googleカレンダーの場合: 同期したいカレンダー、同期の方向性、同期のタイミングなどを設定できます。 ...

    Zoho Community

    Zoho ユーザーが集うオンラインフォーラムでは、サービスの使いこなしに関する活発な議論や情報交換が行われています。